ペアガラスはどれくらいの厚さのものがいいの?

断熱性は「空気」がポイント?

ペアガラスとは、ガラスを2枚重ねてつくるガラスのことをいいます。
2枚のガラスの間は真空にしたり、空気を入れたり、アルゴンガスなどのガスを入れたりします。このような中間層を設けることで、断熱性能を高めています。ではどうして、ペアガラスで断熱性が高まるのでしょうか?

実はもともと空気というのは断熱に対して高い性能を持っています。
発泡スチロールや段ボールや梱包に使うプチプチは断熱の効果がありますが、どれも、空気の効果によって断熱しています。
また、この空気を真空層やアルゴンガスの層にすることでさらに断熱性を高めることができますので、そのようにガスの入った製品もあります。このようにしてペアガラスは高い断熱性能を誇っているのです。

さらに、断熱性以外にもペアガラスには優れた特徴があります。
普通の単板ガラスと比べて、結露が起きにくくなっていることです。そもそも結露とは部屋の内と外の温度差があることによって、外気の冷気が部屋の中に伝わり、空気中の水分が水滴となることによって生じます。
ペアガラスは、その高い断熱性能で戸外の空気を遮蔽することで結露の発生を防いでくれるのです。

ペアガラスの最適な厚さとは?

通常、ペアガラスの厚さには基準が存在し、ペアガラスの構成ガラスである単板ガラス×2枚が3mm以上、その間にある空気層が6mm以上(総計12〜25mm程度)のものが望ましいとされています。

それ以下の薄さになってしまった場合、以下の3つの点で得られるペアガラスの効果が大幅に低下してしまうからです。

  • 外気の影響を受けにくくなるため、冷暖房をかけた時の効率が良くなる断熱性能
  • 通常のガラスに加えて、1枚分ガラス増えたことと、空気層ができたことによって音が伝わりにくくなる遮音性能
  • 外側1枚と内側1枚のガラスの計2枚で太陽の光を反射してくれるため、直射日光による影響を通常のガラスに比べて少なくしてくれる遮光性

既存の単板ガラスのサッシを利用したままアタッチメント付き複層ガラスに交換する場合、網戸や雨戸との干渉を考慮して、ユニット全体の厚さを12mm以下にした断熱性能を妥協した商品が主流になっています。
しかし近年は、複層ガラスで既存の単板ガラス用サッシにLow-E複層ガラスを取り付けることを前提に開発されたアタッチメント付き新型複層ガラス(厚み16mm、内中間層10mm)や、中間層を真空にして厚みを薄くした真空ガラスなどが開発されており、網戸や雨戸との干渉を避け断熱性の高い複層ガラスを設置することも可能になってきています。

ペアガラスへの交換作業

先日、千葉県美浜区在住のお客様より住宅の窓ガラスをペアガラスに交換したいとのご依頼を受け、その日のうちにお伺いさせていただきました。

ご依頼主様のお宅は現在窓に単板ガラスが嵌められており、ご家族に年配の方とまだ幼いお子様がいらっしゃるので、夏場涼しく冬場は熱を逃がさないペアガラスに交換したいとのことでした。

お客様宅に到着して、まずは実際の窓の状況や厚みを確認させていただきました。
そしてペアガラスは納期に一週間程かかってしまう旨をお伝えし、改めて後日交換に伺いました。

作業自体は滞りなく終了し、お客様にも出来を確認していただきましたところ、ペアガラスを見て「これで冬場でも熱が逃げにくくなるから父母や子どもも喜ぶ」と喜んでくださいました。
ペアガラスは構造上、内側からの熱を逃がしにくく外側からの熱を遮断する効果があります。
また結露の防止効果もあります。

ペアガラス単品では防犯効果は薄いですが、間に合わせガラスを含めて防犯効果を高めることもできます。

ご相談いただけましたら可能な限り迅速にお客様のお宅へお伺いし、最適な窓ガラスをご提案させていただきます。

窓ガラスをもっとより良いものに交換したい、ペアガラスのことが詳しく知りたいというお客様は是非当社までご連絡ください。

このページの先頭へ