古新聞でベランダの窓の汚れを簡単にキレイに

ツヤツヤの被膜が効果的

窓は外と触れ合うことが多いところですので、頻繁に掃除をすることが重要です。
窓の掃除を怠っていると、窓の老朽化にも繋がってしまいます。

窓の汚れって、透明なガラスの上につくから嫌でも目立ちますよね。きれいで透き通った窓だと、見える景色も違ってきて気分もよくなります。

窓の掃除を行うときは、通常だとスポンジを使って掃除をしたり、窓専用のクリーナーを使用して掃除を行う方法が通常です。
この方法でも掃除はしっかりと行うことができるのですが、当然ですがクリーナーやスポンジなどに費用がかかってしまいます。

クリーナーやスポンジなどを使用せずに、費用もかからずに掃除をすることができるのが、じつは「古新聞」を使用しての窓掃除です。
この古新聞は、最近のものでも良いですしかなり前のものでも大丈夫ですので、事前に用意しておきましょう。
それでは、自宅にある古新聞を使って簡単にお掃除する方法をご紹介します!

新聞紙で窓拭きをする具体的な手順

まず、新聞紙とぬるま湯を準備してください。

古新聞を拭き取りやすい大きさにします。
古新聞1枚だと大きすぎますので、1枚を半分にして折りたたんだり、くしゃくしゃに丸めても拭き取ることができます。
その古新聞をぬるま湯で少し濡らして、まずは窓を拭き取ります。

汚れがひどい場合にはなんどかこするようにしてください。こうすることで、窓についている泥やチリ、ヤニやほこりなどの汚れがどんどん落ちていきます。
新聞紙のインクに含まれる成分が汚れを落とすと同時にツヤ出しの役目も果たしてくれます。
インクが窓に移って、窓にきれいな被膜を張ってくれます。

濡れた古新聞で拭き取った後は、通常の乾いた古新聞で濡れている部分を拭き取ります。
このとき、シワが残らないように、小さく円を描くようにふいていくと良いです。

これだけで窓にはツヤツヤとした被膜が張られるので、汚れにくい窓ガラスになります!
使わなくなった古新聞を使うことで、エコにもなりますので、一石二鳥ですね。

古新聞は、このような窓拭きの他にも、床掃除をするときのほこりとりなどにも使えます。
捨てないで少しとっておくと、役に立ちます。
汚れがひどい場合には、古新聞だけではどうしても落ちない場合もあるかもしれません。
そういう場合には窓ふき用の洗剤やクリームクレンザーなどを使いましょう。

ガンコな窓ガラスの汚れはこうして落とす

基本的に窓ガラスは、ここで紹介したような新聞紙や、普通に水拭きを行ったあとに乾いた雑巾等で乾拭きを行っておけばキレイになるものです。

しかし、それだけでは取れない汚れがガラスに付着している状態であれば、中性洗剤を使ってガラスをピカピカにしてみましょう。
中性洗剤を使用すれば、大抵のたばこの煙による汚れや油汚れなどはしっかりと除去することが出来ます。

それでも取れないガラスの頑固な汚れには、研磨成分の入った専用のガラスクリーナーをお使いください。この場合も、ガラスクリーナーを使った後に改めて水を絞った雑巾等で水拭きし、最後に必ずきちんと乾拭きを行うようにしましょう。

いずれにおいても最後の乾拭きが甘いと、水道水の中に含まれるカルキ等の成分が乾燥と同時に斑点状にこびりつき、逆に更なる汚れとしてガラスに付着してしまいます。この点にはご注意ください。

ちなみに、窓ガラスの掃除を行う際は、晴天の日よりも雨天や曇天の日の方がおすすめです。空気中の湿度がガラスの汚れを剥がれやすくしてくれるからです。

また、日頃からのメンテナンスとして、サッシにホコリや砂状のゴミが溜まっている場合はこまめにそれを取り除くようにしておきましょう。放置しておくと湿気の多い季節などにはカビの原因ともなりますし、サッシにサビが生じてしまうと網ガラスが錆割れを起こしてしまうこともあります。
掃除機のノズルでまず大まかなゴミを吸い取った後に、使い古しの歯ブラシなどを用いて細かい汚れをきれいに取り除いてください。

いかがでしたでしょうか?
まだ普通の雑巾でしか掃除したことがなかった方は、ぜひ一度この方法を試してみてください!

このページの先頭へ