ルーバー窓や天窓の掃除方法

ルーバー窓は、通常の窓よりも掃除がしにくい特徴があります。

しかし、ルーバー窓と天窓も汚れますので、しっかりと掃除をするようにしましょう。
まずはルーバー窓の掃除の方法ですが、網戸がついているときはまずは網戸を取り外し、網戸から先に洗います。
そして、ルーバー窓を洗うのですが、まずはルーバー窓を洗いやすいくらいの大きさに広げ(開け)ましょう。
そしてまずは内側からルーバーを雑巾とクリーナーで拭き取ります。

雑巾とクリーナーで拭き取りにくいところは、割りばしなどにキッチンペーパーを巻きつけて拭き取ると簡単です。最後は外に出てルーバー窓を外から拭き取りましょう。

お風呂場やトイレのルーバー窓の掃除方法

お風呂場は湿気がたまりやすいですし、トイレはいやなにおいがこもりがちなので、どちらも換気扇をつけるのにあわせて、窓からの換気を浴するためにルーバー窓を設置している家庭をよく見かけます。

確かにルーバー窓は換気という点を考えると非常に風通しが良く、お風呂場を乾燥させる効果やトイレのいやなにおいを排出する効果は期待できます。
ですが、風通しが良いということは外からの埃や汚れもたくさん運んできてすぐに汚れてしまうということも同時に起こります。

しかも上記のように、ルーバー窓は掃除がしにくいのが難点です。
小さな窓ガラスが何重にも組み合わさっていて、それぞれの窓が小さく開閉しますが、掃除の時には、この小さな窓ガラス同士の間に手が入らないので窓ガラスを磨こうとしてもなかなか磨くことが出来ません。

お風呂場やトイレのルーバー窓に関しては、棒状のものにタオルを巻きつけたり、ハンディーワイパーを使用するなどすると、小さな隙間を上手に磨くことができるでしょう。

また、小さな窓ガラスそれぞれにサッシがついていますが、ガラスとサッシの間には細かな汚れがたくさんつくので、綿棒などを使用して掃除をすることがベストといえます。

このように、ルーバー窓は見た目がオシャレで風通しもいいですが掃除が大変だということを理解しておくことが必要です。

天窓の掃除は専門業者が安全

天窓の掃除の方法ですが、手の届く範囲なら通常の窓ガラスを掃除する方法で構いません。
手の届かないところに天窓があるときは、脚立などを使用して窓を拭き取りましょう。

天窓の外側ですが、屋根に設置してあると非常に危険ですので、ご自分で外側の掃除を行うのは止めておきましょう。
天窓は基本的には斜めに設置されていることが多いので、雨などで汚れが流れ落ちることが多いです。どうしても天窓を外側から掃除したいときは、安全確認をしっかりとし、できれば命綱なども用意して万全の体制にするか、清掃業者に依頼するようにしましょう。

ルーバー窓は換気には優れているものの特殊な形状をしているため、すこし掃除がしにくく、ついさぼってしまいがちです。
また天窓は、高い位置についていて、掃除したいときには脚立などを使わないといけませんので、大掛かりになっていまい、これまた掃除をついさぼってしまいがちです。

ルーバー窓や天窓などの特殊な窓でも定期的に掃除を怠らずするようにしましょう。
きれいな窓にすることで部屋から見える景色も気分も明るく変わってくるはずです。

掃除しにくい窓だからこそ、綺麗に保つ心がけを

そもそも窓ガラスというのは、家の中の他の場所に比べれば汚れはつきにくい場所といえるでしょう。ですから、掃除の頻度は床掃除や机の掃除ほどに多く行う必要はありません。

中から見ていて見た目に汚れが気になってきた頃、具体的には2か月に1度程度で十分だと思います。それでも多いという方は、季節の変わり目にするくらいでも良いかもしれません。
とくにルーバー窓の場合、換気に優れている分、外の空気に触れる機会が多くなり、そのぶんほこりやチリ、泥や排気などの汚れがつきやすくなりますので注意しましょう。

窓ガラスは透明ですから、汚れが目立ちやすいです。
さらに窓の掃除を怠っていると、見栄えが悪くなるだけではなく、汚れた窓から空気が入るため、お部屋の中の空気が汚れてしまいます。
その匂いが部屋干しした洗濯物にうつってしまう、なんてこともあるみたいです。

天窓やルーバー窓のような特殊な窓は掃除するのがおっくうですよね。その気持ちはよくわかります!
年に数回でも良いので、このような窓の掃除も行うようにしましょう!

このページの先頭へ