光熱費を抑えてあたたまるポイントは窓ガラス

窓ガラスと熱の移動

冬場、外気がどんどん寒くなって来ると暖房を利用することも増えてきますよね。
増加してしまう光熱費に頭を痛めることも少なくないのではないでしょうか。
でも、ご安心ください。実は窓ガラスへの意識を一新するだけで、光熱費をうまく抑えるコツが見えてくるのです。

みなさんは家の部屋の中の熱がどこから逃げていくのかをご存知でしょうか?
今の家は壁の中に断熱材がみっちりと隙間なく入っています。
じつは、家の中では窓こそが屋内の熱を一番外へと逃がしてしまう場所なのです。
暖房を使用しても、その熱は窓から外に移動していきます。

日本の家屋に使用される窓ガラスは、ガラス一枚の単板ガラスが主流で、現在でも単板ガラスを使用している家屋はたくさんあります。
ですが、この単板ガラスでは、熱を逃がしやすくて室内を暖房器具で暖めたとしてもすぐに室温が下がってしまいます。数値的には、単板ガラスを使用している場合、本来的な熱全体の約半分が窓から流出してしまいます。
これではどれだけ暖房を稼働させても、外へと移動してゆく熱とのいたちごっこになってしまいかねません。

断熱・遮熱性能のあるペアガラスは一石二鳥

単板ガラスを複層構造の断熱ペアガラス等に取り換えることで、外へと逃げていく熱の移動を防ぐことができます。
2枚のガラスの間に特殊層を挟み込んだ断熱ガラスをうまく活用すれば、暖房に使用する光熱費を以前と比較して格段に抑えられるんです。
窓ガラスを断熱性のあるものに変えることで、効果的に部屋を暖めることができて、光熱費の節約にもつながるので、一石二鳥ですね!

また、熱の移動は冬だけではなく夏にも生じます。
夏の外気の窓からの侵入は70%近くと言われていますから、熱い季節の冷房費削減には、遮熱性能のあるガラスが活躍してくれます。
四季を通じて家計に優しいガラスを使って、光熱費を大胆にカットしてみましょう!
お部屋もふところもあたたかくなること間違いなしです。

2枚のガラスを合わせて間に空気やガスを入れたペアガラスには、いろいろな種類があります。
紫外線などの影響をカットしてくれたり遮熱効果のあるLow-eガラスや、普通のガラスとの数倍の強度を実現した強化ガラスも、ペアガラスのタイプとして選ぶことができます。
ご自分の部屋の用途に合わせて選ぶと良いでしょう。

断熱ペアガラスでも十分に効果はありますが、さらに断熱性能を高めたいのなら、窓サッシを2重にするという手もあります。窓サッシを二重にすることで、サッシとサッシの間に空気層ができ、断熱性がさらに上がるのです。

また冬や梅雨の時期に、窓にできる結露も抑えることができます。
結露ができると、カーテンや窓の枠(サッシ)が汚れて、いわゆる「シックハウス」の原因となるカビも発生させてしまいます。
ペアガラスであれば、不快な結露やカビを防ぐこともできるのです。

数値でみてもおトクな断熱ペアガラス

(窓と外の)熱の移動量を数値的に表す方法として、熱貫流率(W/㎡・K)が使用されます。
単板ガラスと断熱ペアガラスをこの熱貫流率であらわすと、
・単板ガラス   6.0W/㎡・K程度
 断熱ペアガラス 1.6W/㎡・K程度
というデータがあり、その性能差は4倍程度の開きがあります。
ペアガラスによってはさらに高性能な製品もあるので、性能差は非常に大きいことが分かります。
また、光熱費を比較してみると、年間で2〜3万円程度ペアガラスのほうが光熱費を削減することが可能です。
ペアガラスに交換することで、長期的に見ればずっと家計を抑えることができるといえます。

窓ガラスを変えることで、光熱費を抑えた暖かい暮らしをはじめてみませんか?

このページの先頭へ