結露を防ぐために知っておくべきこと

結露を防ぐために知っておくべきこと
引用:引用元一覧に記載

結露シートの効果と使い方

窓ガラスの悩みとして非常に多いのが、窓ガラスが結露してしまうということです。
冬場に窓の結露に悩まされる住宅は非常に多いといえます。

窓ガラスが結露してしまうと、常に窓が濡れている状態になってしまうので、窓ガラスにダメージが残ってしまいます。
結露は窓ガラスが割れてしまう原因になることもありますので、できるだけ結露しないようにすることが重要です。
また、結露の状態になってしまうと熱が逃げやすいということですので、エアコンの効果などが薄れてしまいます。

毎日窓ガラスやサッシについた結露を掃除することは大変なので、多くの人が最初に行き着くのが結露防止シートを使用することかもしれません。
結露防止シートは、ホームセンターなどでも販売されているので比較的手に入れやすいアイテムですが、実際の性能が気になるところです。

結露シートは窓ガラスの熱の伝わりを抑える効果があるのですが、その効果によって冬になると悩むことが多い結露を抑えてくれます。
結露シートの中には、夏場にはエアコンの効果を高めてくれて冬になると結露を抑えてくれるものもあります。
商品によっても多少違いますが、基本的な使い方は、まずはガラスをきれいに掃除して拭き取ります。油分などがついていると、結露シートが貼り付けにくくなります。
その後に結露シートを窓ガラスと同じ大きさに切り取ります。
そして窓ガラスに水を吹きかけて、その上から結露シートを貼り付けます。
水がしっかりと乾くと結露シートの貼り付けが完了します。

結露シートは実際にどう?

結露防止シートに関しては、実際に結露を防止する能力といえば残念ながらそれほど高くありません。
結露が滴り落ちるような窓に張ったとしても、シートが剥がれてしまう場合が多いですし、シートを張っても張ったシートとガラス面の間に結露が発生して、そこからカビが発生してしまうといった場合もあります。

実際には、窓の表面にわずかに結露が出来るといった状態の場合であれば、結露を抑える効果が期待できるといえますが、結露がひどい場合には過度の期待はできません。

むしろ結露防止シートを張って体感できるのは、窓ガラスから感じる冷気の量が少なく感じることかもしれません。
単板ガラスであれば、ガラス表面から室内に冷気が入ってくるのが体感できます。
結露防止シートを張るとこの冷気が少なくなったような、体感的に寒さが和らいだように感じられるかもしれません。

ただし、結露防止シートを張るとガラスが半透明になったり、はがした時に汚れが目立ったりといったマイナス面もあるので、ガラスを交換するほうがお勧めと言えます。

結露シート以外の結露防止方法

結露防止シートを使用することなしに結露を防止しようとした際に、おすすめなのは雨戸やシャッターを閉めるという方法です。
結露は、室内の温かい空気と外の冷たい空気との温度差が大きい時に発生します。
普通の単板ガラスですと、窓ガラスが冷やされてしまいます。
室内の暖かい空気が窓ガラスに当たった時に冷やされて、結露が発生してしまうのです。

外の冷気が窓ガラスにあたるのを少なくすれば、窓ガラスの温度が冷えることを少しでも防いで結露の発生を抑止できます。たとえば、外気と窓ガラスとの間に雨戸やシャッターを下ろして、壁となる部分を設置する。
この方法によって、ペアガラスと同じように、空気層を設けてあげ、温度差を少なくすることが出来ます。

ペアガラスほどの効果は当然ありませんが、室内に入ってくる冷気の量が少なくなるのが分かりますし、結露の量も明らかに少なくなります。結露防止シートを使用するよりは、コチラのほうがむしろ効果があるといえます。
シャッターや雨戸を昼間も閉めていると室内がどうしても暗くなってしまうため、部屋の照明を使用することになり、結果的に光熱費がかさんでしまうデメリットがあります。

そう考えても、やはり長期的な視点で考えると、断熱性の高いペアガラスがいちばん効果的かもしれません。

このページの先頭へ